事業の背景

足許の状況には若干の改善が見られますが、日本国内の建設市場はバブル期を過ぎて総じて減退期にあります。キャンディルテクトは、こうした状況にある建設・不動産市場の中で事業活動していますが、これからも国内の建設・不動産企業様の効率向上に寄与すべく、新しい価値をもったサービスを開発し、提供してまいります。

新設住宅着工統計:年々減少傾向

グラフ:新設住宅着工統計 (出典:国土交通省)

(出典:国土交通省)

リフォーム市場推移:改善が見られ、今後伸張する傾向

グラフ:新設住宅着工統計 (出典:国土交通省)

(出典:矢野経済研究所)

建設業界の動向を示す指標の一つである新設住宅着工戸数並びに床面積は減少傾向ですが、リフォーム市場は回復傾向にあり、今後、長期的にリフォームやアフターメンテナンスを中心としたサービス需要が増大すると思われます。キャンディルテクトは、各種建築検査や補修、定期点検等のアフターメンテナンスのサービス体制を既に確立しており、これらの市場動向に合致するものと考えております。また、市場対応力を強化すべく、全国展開を開始しています。

関連情報

建設業許可業者数並びに就業者数推移:許可業者数減少に伴い就業人口も減少

グラフ:建設業許可業者数並びに就業者数推移 (出典:国土交通省)

(出典:国土交通省)

建設業界の就業人口は年々減少しています。一方、耐震偽装事件以降、建設業界には品質意識が高まり、各工程間で発生する膨大な検査のための時間確保と人員体制確立が慢性的な課題となっています。

キャンディルテクトの主力事業である建築検査は、低コストで膨大な建築検査をアウトソーシングするサービスであり、この就業人口減少と品質意識の高まりのミスマッチを解決するサービスとして市場に受け入れられています。

このページの先頭へ

Copyright © CANDEAL TECT Co.,LTD.All Rights Reserved.